人気ブログランキング |

自分用思い出メモ。


by kozkozkozkozkoz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

SHIROH

b0036210_1492119.jpg新感線初のミュージカルらしい、、「SHIROH」を見てきました。
久しぶりの帝国劇場。
とりあえず光ちゃんのポスターに手を振るわたくし(笑)
1階Q列上手。
18:30開演だったんだけど、25分の休憩を挟んで終演がなんと22:25!
ながっ!

ステージはうっすら八百屋です。
がんばれ・・殺陣をやる皆さん!
マリアさまと天草四郎のイラストがかかれた幕がかかっていて、舞台のあちこちにTVモニターがたくさん。
中央後方には大階段(つっても15段くらい)、階段の下にはバンドの皆さん。ロックミュージカルだからね。

ストーリーはといいますと、
時は、三代将軍徳川家光の治世。
重税に苦しむ隠れキリシタンの中心的存在の家族が息子の益田四郎時貞(上川さんだーい)を「天の御子」だっつって祀り上げて一揆を起こそうとしてるのですよ。
ただ、四郎は昔は確かに奇跡の力を持っていたんだけどーある事件を切欠にそれを失ってしまっているので、自分には務まらないと思い悩んでいるのです。
んで天草にもシローと呼ばれる子供がいてー(中川晃教くん)そのコは人の心を操る「神の声」を持っているのです。
その2人が出会い、老中・松平伊豆守信綱(江守徹)の策略に巻き込まれて
さてどうなるのかーというお話だす。
どう考えたって悲劇。

なんと!上川さんが歌ってました・・・・!
ミュージカルなんだから当り前じゃん、と言われるかもしれませんが
上川さんは「人前では絶対に歌わない」と公言していたのですよ。
ひゃーびっくり。
でも声も良いし、上手い。ぜーんぜん平気。
セリフを言ってるのと違いがありまへん。
もともと良い声だもんなぁぁ。ドラマチックな声。
中川くんはもちろんとっても歌が上手いと思うんだけど、好みから言うと私は上川さんの方がスキ。ステキ!!!

最後の正統派アイドルと言われていた高橋由美子ちゃんも歌が上手くてびっくりしました。
ミュージカル歌唱だなぁ、と思ったらミスサイゴンとかレミゼとかに出てたのね・・知らなかった~失礼しました。
杏子ちゃんは相変わらず・・ハマる歌とハマらない歌の差が激しい(笑)
しっかし変わらないなぁ・・あの頃から15年(!)くらい経っているというのに。
江守徹さんは、どっからどう見ても悪役で存在感はありありですがー歌はきびちい。はは。

上川さんは今日もステキでした。
地毛なのか?双眼鏡で見ても分からなかったんだけどー
ちょっと長くて、軽く巻き毛で、ほそーくみつあみしたのを後ろで止めてあって可愛いのだ。
↑これだと女の子みたいですが(笑)裃の付いたキリシタンみたいな衣装も戦闘服も白くてひらひらしてて王子ちっくなのだー。
殺陣もステキでした。安定感があるのよねん。お芝居ももちろん。
さらに、高橋由美子ちゃんとの今わの際のキスシーンがあるのですが
倒れた由美子ちゃんをひざ抱きに抱えて話しかけつつ
顔に掛かった髪の毛(由美子ちゃんはちょーストレートロングづら着用なのだ)をそっと、マイクを避けて払ってあげる仕草が優しくって、うきゃ~と思いました。

所々に笑いもあるのですが
もんのすごい幅の広い客層のせいか(若いロック少女みたいのもいるし、上川ファンのOLもいるし、おばぁもおじいもいた)私一人だけ笑ってたりしてヘンなの~
徐々にあったまってきましたが。笑っていいかどうか探ってたのかしらん?
バカバカしくって、それを真面目にやってて、さすが新感線だわ、と思ったり。
随所にクリスマスならではのポイントもあり。
人を探す時は
「大変!甚兵衛さんがミレナリオ見に行っちゃった!」とか
逃げる時は
「さーてそろそろケンタッキーでも手伝いに行くかな」とか。

最後のご挨拶でも上川さんが
「この年末のお忙しい時期にこちらに足を運んでくださいまして、ありがとうございました」
と言ってくれました。
カーテンコールでは赤いサンタ帽を持って登場。
中川くんに帽子を押し付けられ「俺も持ってる」
「かぶってかぶって」と指示され、しぶしぶかぶってました(笑)
ささやかなプレゼントですが・・・と
中川くんがアカペラでクリスマスソングを熱唱。
サンタ衣装を着たテディベアを
上川さん「ケンカしないでね~」
と客席に投げ込みしておりました。(中川くんも、杏子ちゃんも)
最後に中川くんがした投げキッスをジャマして途中で取るフリをして、自分が投げてみたり
上川さんも仲良く仲間に入れてるようで、良かった良かった。
開演前はながっ!と思った上演時間も感じさせないお芝居でした。
あ、でも悲劇だよ。
by kozkozkozkozkoz | 2004-12-24 23:47 | その他観劇