自分用思い出メモ。


by kozkozkozkozkoz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ピ(Rain)Rainy Day JAPAN@東京国際フォーラムA 20050731

行ってきました、ぴっぴー(と私は呼んでいる・・・)の日本での初LIVE。
客層はやっぱり幅広いな~ドラマの影響大ですね。
ギャルギャルしたギャルから地味なOLさん(私含む)、おばあちゃん?ってくらいのお嬢さんまで。
どの年代でも服装でも浮きません(笑)いいこっちゃ。
入口横に「KOREA CLOUD」の貼紙がありました。
CLOUDっていうのは、ぴっぴーのファンクラブの名称なのです。雲は雨を生むからね。
ほえ~わざわざ韓国から来てるんだ~
・・・って私たちもこぞって韓国に行くんだから来たって全然おかしくないですけどね。
ようこそ、日本へ。
2階25列下手側。
なんと、あの広い広いフォーラムの上から2列目ですよ!!!
空気が薄い!(笑)何しろ2階席といいつつ、フツウのビルに換算すると8階ですからね~~~
でも大丈夫。私はイチバン後ろにも座ったことがあるのだ。なので初の眺めではないのだ。
しかもその時より見やすく思えました。なんでだ・・・?ぴっぴーが大きいから・・・?
でもカオは小さいのになぁ。

ぴっぴーの応援カラーは何色なんでしょうね?
ペンライトもいろんな色がありました。
グッズを見ればわかるかなーと思ったのですが、黒とか銀とかシブめな感じ。
グッズは、写真入りなので表で着れないTシャツ、ポスター、写真、マウスパット、クリアファイル
ぴっぴーマスコット付きポーチ、携帯ストラップ、リストバンド、などなどがありました。

時間きっかりにスタート。
まずは同じ事務所の新人、イム・ジョンヒちゃん。
をを。韓国式ですね。応援(という名の顔見せ)があるなんて。
でも「わが家」のジェウォンくんの弟、キョレが出てる♪Music is my Life のMVを見て
かっこいいな~と思っていたので、生で聞けて嬉しかったです。
迫力あるわぁぁ。
2曲歌って、ピの登場~

ゴロゴロゴロ・・・・と雷が鳴って、来るぞ来るぞ~~~~と高まる期待。
1曲目は♪It’s Rainning だーーー!と思ったら前奏のみでした。
上のステージにPOP UPでババーンと登場~
皮の黒尽くめでかっこいいぞ。しかも袖がある!(そこかい)
髪を切ってパーマかけましたね。汗でくるくるしてました。似合う似合う。
ほんとの1曲目は♪나 でした。
ダンサーさんもぞろぞろと。男性がたぶん7人、女性が3人いらっさいました。
そうだ~コーラスが。
ヨンハのツアーと同じ方達でした。遠かったから確実じゃないけれども、たぶん。
あの3人はセット販売なのですね~~

ピ「みなさん、こんばんは。ピです。お待たせしました!ほんとはもっと早くお会いしたかったです!」
と、にほんごでご挨拶。
MCは全てにほんごでした。
韓国語で話したのはKOREA CLOUDの皆さんに向けて挨拶をしたのと、日本語の説明を1回したくらいかな。

2曲目は♪나쁜남자
これ以降は覚えてません(笑)
とりあえず予習の甲斐あって、知らない曲はありませんでしたー。いえい。

おもしろかったのは、MCにていきなり
ピ「僕は最近寂しいんです。彼女がいないから。今日は彼女を探しに来ました!」と言い出しまして。
ぴっぴーが歌っている間にダンサーさん達が客席に降りて探してきた一人の女の子を舞台にあげました。
足が長くて細い、かわいいお嬢さんは、えっえっ?と、とまどいっぱなし。
ピ「このヒトが、僕の彼女になってくれる人でーす。おいくつですか?」
お嬢さん「16です。」
えぇっ?そんなに若いの?とザワめく会場(大人っぽいコだったのだ)
ピ「16、、、じゅうろく!?」
とっても驚いたらしく、韓国語でKOREA CLOUDの皆さんにも説明してあげてました。
同じくザワめくKOREA CLOUDの皆さん。時間差があって、でも同じように驚いてておかしい(笑)
ピ「16、、、ん~~~~大丈夫でしょう。ダメ?」と言いつつ、ステージ上の真っ赤なラブソファへ。
次の曲では、歌いながら彼女をエスコートしつつ舞台上を歩き回りました。
まずはネックレスのプレゼント。女性ダンサーがつけてあげてました。
次はでっかいプーさんのぬいぐるみ。
ひざまずいて指輪をはめ、最後はバラの花束。
締めはハグ。でした。
すごぉーーーーーーーーい。大サービス。しかも1人集中。
あそこまでされると逆に焼けませんねー。可愛かったし。良かった良かった。

肩に切れ込みの入った衣装で、どうやら破けるハズだったらしいのに引っ張ってもびよーんとしてしまうだけで切れず
諦めて、えへ☆と笑うシーンがありました。
やっぱりあのカオで微笑まれると、つられて微笑んでしまいますね。

女性ダンサー3人が寄ってたかってぴっぴーの服を脱がせる演出もありました。
あれ?光ちゃん???(笑)
光ちゃんの時は周りに10人くらいダンサーがいて、がばっとはだけられてましたが。
ぴっぴーはビリビリビリ・・・という感じでした。
やっぱりヒトは腹筋をつけると見せずにはいられないものなのでしょうか・・・
キモチはわかるけれども。
私もおなかが割れてたら出して歩きたいですけれども。

そしてぴっぴーたら結構額の生え際が・・・
下から風を受ける演出はもうやめたほうが良いのではないかと。
えぇ、大きなお世話ですが。

あと、白いキャップってのもいかがなものかと。
あれってかっこいい??
双眼鏡で見ると地模様の入ったおされな帽子だってのが分かるんだけど、遠目には紅白帽ですよ。
あ~ぴっぴーは白組さんなのね・・・と思いながら見てました。
しかもその時の衣装がジャケットも脱いで白いシャツに白いパンツなもんで、何かの審判員のようでしたよ。
雨に降られるので、雨避けキャップなのかもしれませんがね。うむ。

♪익숙치않아서 では泣けました、、、
歌う前に
ピ「次の曲は、すごく愛してる人に愛してると1度も言えなかったという曲です。ぼくのお母さんに捧げます」
なんて言うんですもの。悲しい予感。
歌っている間、後ろのスクリーンに映像と文字が。
「この曲では後ろにお母さんの写真を映したらどうか?と私たちスタッフは提案しました。
ピはうつむいて言いました。
数年前に家が火事にあい、お母さんの写真は1枚も残ってません。
でも写真がなくても、天国からぼくのコンサートを見守ってくれていると思うので、大丈夫です」
あぁぁぁぁぁ泣ける、、、
いろんなものを背負って、それでも笑っているのね、チミは。

ピ「時間が経つのは早いもので、もうすぐコンサートも終わりです」
と言うと、会場から「え~~~~~」とブーイングが。
ピ「武道館もあるから。武道館は、きゅう、、、」
きゅうじゃなくて、くがつだよ~とざわめく会場
ピ「難しいですね、、、(右手で大きく9の文字を書きつつ)구!이!삼!」
・・・大丈夫です、キモチは伝わりました。9月2日と3日ですね。

最後のMCは紙芝居のように、コトバが書いてある紙をぴっぴーがガンガンめくってくれました。
「これからも、皆さんが誇りに思えるようなピでいます」
というコトバが印象的。
好きなコトバは「노력(努力)」だもんね~
(情報ツウでかけじくに書いてました。名前はカタカナで「ピ」なのが可愛い)

想像より、かーなり良かったです。
やっぱり見て良かった~
おもしろかったし、可愛かったし、ステキだったし。
エンターテイメントで驚きました。
すごいやーピ。

追伸:自己解決ですが、ファンは「ピー!」でも「ピヤー!」でもなく
「チョン・ジフン!」とコールするのですね。
本名か・・・そうか・・・
[PR]
by kozkozkozkozkoz | 2005-08-04 00:18 | K-pop