人気ブログランキング |

自分用思い出メモ。


by kozkozkozkozkoz

・狂王の庭・ 小池真理子

「この庭をあなたに捧げる―。」
昭和27年、東京都下国分寺。
広大な敷地に、全財産を投じてルートヴィヒ二世さながら華麗でシュールな西洋庭園を造った異端児・青爾。
妹の婚約者である彼に惹きつけられる美しい人妻・杳子。
没落する華族社会を背景に、虚無と孤独と耽美の極地で、激しく求め合う男と女を描ききった、世紀の恋愛巨編。

ふむふむ。
お耽美にも恋愛小説にもあまり興味がないのですが~読ませる読ませる。
どっぷり浸かって懐かしい気持ちを思い出しました。(←なんとも枯れた発言)
ダメなのは、破滅していくのは分かってるんだけど、どんな風に壊れていくのかが知りたかったのよね。
全然想像も付かない世界だけに(だってお家にお手伝いさんや住み込みの庭師がいるのよ?)返って瑣末なことが気にならなかったというか。
逆にリアリティが増すのは不思議。
んやーたまにはいいんじゃないかしら~恋愛小説。
by kozkozkozkozkoz | 2006-01-22 16:51 | 本日の読書