人気ブログランキング |

自分用思い出メモ。


by kozkozkozkozkoz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

・ダ・ヴィンチ・コード(上中下)・ ダン・ブラウン

閉館後の静寂に包まれたルーブル美術館で起きた殺人事件をきっかけに、明るみに出た不吉な筋書き。
それは、キリストの時代以来、ある秘密結社により守られてきたベールをはがすものだった。
殺人の被害者は、古くから連綿と続くその秘密結社の総長。
彼は死の直前、不気味な暗号を犯行現場に残していた。
その暗号を解くことができるのは、被害者の孫娘で著名な暗号解読者でもあるソフィー・ヌヴーと、高名な象徴学者のロバート・ラングドンのみ。
ふたりは事件の容疑者となる一方で、ヌヴーの祖父の殺人事件のみならず彼が守り続けてきた古くから伝わる驚くべき秘密の謎をも調べ始める。
警察当局と危険な競争者の追跡を間一髪ですり抜けながら、ヌヴーとラングドンは謎に導かれるまま、息つく間もなくフランスとイギリスを、そして歴史そのものを駆けめぐる。

えー今頃?おそっ
と言われるかと思いますが(笑)
えぇ、今頃読みました。

基本的な流れ(巻き込まれ方といい、相方といい、意外な犯人といい、、、)が「天使と悪魔」と同じなので~
私は「天使と悪魔」の方がおもしろかったのですが。
こっちから先に読んだヒトは、こっちの方が面白いというので
単に最初にどっちを読むかって問題のようですねん。

キリスト教に対する知識が皆無なので、まるきりフィクションとして楽しめました。
(小声で)・・・実はですねぇ、ここだけの話ですが、キリスト=神様だと思っていたので
まさか実在していたとは、、、(汗)
天狗みたいなもんかと思ってましたよ。
伝説はいっぱいあるけどね~
友達の友達が見たらしいけど、私は見たことないや~みたいな。
まさか教会がそのヒトを神様に決めて担いだだなんて、まぁ。
神様って会議で決まるもんなの!?びっつらしました。

・・・ということで、思ったほどルーブルに対する興味は沸かず。
おもしろかったですけども~
by kozkozkozkozkoz | 2006-08-17 23:15 | 本日の読書