人気ブログランキング |

自分用思い出メモ。


by kozkozkozkozkoz

2005年 01月 07日 ( 1 )

b0036210_0213974.jpg
初めて降りました、南浦和駅。
駅前の通りをてくてく10分くらい歩くと突き当たりにあります、さいたま市民センター。
キャパ約2000なのですが、通りにはダフィーが7~8人も。
韓流スターグッズ(ポスターとかキーホルダとか)を売る屋台も3つ4つ出てました。すごい!盛り上がってる!

3階4列目センターでした。
後ろの人達はファンクラブで取ったのに3階なんて・・・とぶつぶつ言ってましたがー
FCではチケットを優先的にご用意するだけで必ずしも良席とは限りません、って申込書に書いてあったっしょ?
つーかキャパ2000なんだからどこでもいいじゃないかっ
しかもコンサートの初日だぞっ入れるだけで有り難いと思え!
ファンクラブで申し込んだのが全部取れるってのがどんなにスゴイことか分からないのかっ!?
・・・と思った私はJ事務所の教育が行き届いているってことで(笑)
ドキドキ迎えた初日でした。
だって私達ったら、ヨンハくんの初めてのコンサートに参加したヒト・・略して「初めてのヒト」よ!きゃ☆

会場に着くと、グッズ売り場には行列ができ、もうすぐ開演ってことで入場制限がされてました。
ヨコ目で見つつ3階へ。
ここってキャパの割りに演者に圧迫感を与えるかも~幅は狭いのですが高さがある。
30年経ってるとは思えない(なぜか30周年記念公演だったのです・・なんでヨンハ?)立派なホールでした。

会場が暗くなると一気にヒートアップ。
愛を感じました。
全員が楽しみで楽しみで、やっと始まる!やっと会える!うれしい~~~~~~って感じ。
私も思わず暗闇でにやり。皆も絶対笑ってたハズ。
ペンライトはほぼ青でした。
公式が青ってのもあるし、SFJのカラーが青なのでそれに合わせて持ってきた人もいるだろうし。
暗闇の青いペンライトの海ってのは、とーーってもキレイ。ステキでした。

♪初めて出会った日のように が流れてきたので、ヨンハ登場か!?と思ったら
まずは後ろのスクリーンに映像が流されました。
「まだ信じられません。
僕が皆さんにこんなに応援してもらえるなんて。
日本でコンサートが開けるなんて。
でも、皆さんの声援は確実に僕に届いています。」
もうこのメッセージですでに泣きそうでした(笑)確実に届いてるってさ~言い切ってくれてるよ。うるる。
12月26日からのリハの様子など。
歌うヨンハ、ステップを踏むヨンハ、化粧前に足を掛け腕立て伏せをする(!)ヨンハ。
これはちょっと、おお~~~っとどよめきが起こりました。
足を高くしてるから相当ツライと思うんだけど、ほいほいっと5回くらいやってましたよ。
このくらいは簡単にできるのね・・・あんまりカラダ鍛えるタイプじゃないと思ってたんだけど。

BANDの皆さん、コーラスの皆さんが位置につき♪期別
上の段の中央のセリが上がって、ヨンハ登場でした。
胸にスパンコールでWILDEと入った黒いTシャツ(Eはいらないと思うんだけど・・人名なのかしらん?)
黒いジャケットに青いデニム、そしてジーパンなのになんで?と毎回思うんだけど黒い革のとんがり靴。
人差し指にうたばんでも付けてた指輪を付けて、ピアスはなし。右手首に黒い皮のリストバンドをしてました。

2曲歌ってMC。
「いま、ほんとうにドキドキしてます」とまずは日本語で。
「皆さん、こんばんは~」と言うので、「こんばんは~」と返しつつ
「マジで?」が来るか!?と楽しみにしていたのですが、肩透かし。あらら?
MCはどうすんのかなー?と思ったら、いっくんことユンさんはステージには登場せず
ヨンハがステージでべらべらしゃべり、語尾は「だよね?」風にステージ袖へ。
そこにいるらしいいっくんがマイクを通して訳してくれました。
今日が仕事始めです。コンサートも初めての日ですし、今日は僕にとってとても意味深い日です。みたいなことをおっさってました。
そんな日を共有できるなんて、嬉しいね、ね。

最初は音もハズしまくってて、こりゃ後で自分で見たら恥ずかしいぞ~~~~なんて思ってましたが
時々後ろのスクリーンに訳詞も出て、私は1集ってあんまり詞の内容も読んでなかったので
こんなウタだったのか~としみじみ分かったり
歌いながら右手をまっすぐに伸ばすヨンハが何だか切なく見えたり。
やっぱり生っていいなぁ。
落ち着くにつれて音程も落ち着きました。良かった、良かった。

また3曲くらい歌ってMC。
せっかくステキなBANDの皆さんにお願いしてるのに、緊張してしまって僕が早かったみたいです・・ごめんなさい
とあやまってましたが、気にならなかったじょ??ケンチャナヨ。
ハングルでどうですか~?みたいなことを言って、会場もテキトーにイエーイとか言ってる(笑)と
「わかりましたか?」と日本語で。

ヨンハ「いいですか?」
会場「いいでーす」
ヨンハ「マジで!?」
やっと出ました!落ち着いてきて、思い出したらしい。
でも「いいですか?」って聞かれて「いいでーす」ってのはちょっとヘンよね。
私もとっさに「いいでーす」って言ってたけど。
ま、演者も観客も初めてってことで、初々しくていいんじゃないでしょうか。ははは。
とりあえず何を話そうかも考えてきたんだけどアタマが真っ白なので歌を聴いて下さいってことでした(らぼりい)

♪カジマセヨ はMVが流れました。
なぜかキスシーンの所でヨンハもスクリーンを見ていて、会場には悲鳴が(笑)
えへへとか笑うかなーと思ったら意外とフツウの顔で振り返ってちょっとがっかり。
役者なのね・・やっぱりあんなのどーってことないんだわ、きっと。
続いて♪BLUE この2曲はマイクを会場に向けられても一緒に歌えるもんね。えへんえへん。
♪カジマセヨ は皆さんも一緒に歌って下さいと言ってました。
♪戻っておいで ごめんよ では「サランヘ」のとこを「あいしてる~」と!きゃ☆
中居くんも言ってたけど、一言二言でも日本語で言ってくれるともんのすごい盛り上がるのじゃ~

ヨンハくんがお着替えのためにいない間「yonghaTV」と称したビデオが流れました。
基本的に音はなく、字幕で文字が入ります。
12/26にリハ開始、そのリハの合間を縫って12/29ゴルフに行きました。
(いきなりかよ!と突っ込みたくなるタイミング)
一緒に行ったのは・・・
ヨンハ「(カメラに向かって男の人と肩を組み)ぼくのおかーさんでーす」
お母さん?
もちろんお父さんの間違いでした。あはは。
そしてこの29日といえば、東京に大雪が降ったあの日なのだ~
雪の中、キャップの上にフードもかぶってゴルフをするヨンハ。
グリーンの上をボールがゴロゴロ・・・
「ボールが雪だるまになってしまいました」
結局3ホールでゴルフ場がクローズになってしまったそうです。ざんねーん。
「雪景色を見て『ラブレター』を思い出しました」
ヨンハ「おげんきですかぁ~?」
私は映画を見ていないのでー中山美穂というより、チェ・ジウの真似に見えました(笑)
そのまま赤坂のお寿司やさんへ。
板さんとネタの入ったケースを映した後、自分を映すべくカメラの位置を調整してる姿がかばいい。
真顔で、ん。ってカオをしているのだ~
「ウニ・トロ・エビが好きです」(と書いてあったような)
「ヒラメも食べました」
ひとつつまんで、んっ
「わさびがききました」
んーーーとツラそうなカオの後、鼻をつまんでました。かーわーいーいーーー

これは「Vol.1」で「つづく..」と書いてあったので、今度のフォーラムでは2が見れるかなっ!?
ステージ裏とか移動の様子とかツアー先のお食事会とかも入れてくれるといいなーあ。

次の衣装はストライプの黒いシャツに黒いデニムでした。
丸いネックレスもしてたなーあ。
これで3曲。
もうこの頃には声も伸びてて、上手い!って感じになってました。
あっという間にまた袖に引っ込んでしまいます。
この時かなぁ?会場から「ヨンハ~カジマセヨ~~」って声がかかってました。ふはは。便利だなぁ、このタイトル。

お着替えタイムはまたしても映像。
「2004年の軌跡」として、シンガポールや台湾のファンミーティング(なのかな?)、横浜ランドマークの涙、スペイン坂でのラジオ、韓国でのショーケース、 などなどが流されました。
いろんなことがあったねぇ・・・っていうか後半しか知らないけど
一気に距離が近づいたよね~
2004年のアタマにはこんな風になるなんて想像もしてなかった。
のは、私達もヨンハくんも同じですね。

今度はラフラフバージョン。
白いVネックシャツ(背中の1/4くらいに色が付いてました)に3本ライン入り白いジャケット(ジャージのような軽いタイプ)薄い色のクラッシュデニムに、初めて見た!スニーカーだ!ミルクコーヒー色でした。
首にはドッグタグ。
♪JUST THE TWO OF US は聞いたことない曲だなーと思ったら唯一のカバーだそうです。
インタビューによるとオリジナルにこだわったそうで、日本のポピュラーソングも歌えば?って話もあったんだけど
日本語バージョンの自分の曲を2曲入れるってことで折り合いを付けたそうな。
2枚アルバムがあるんだから全部オリジナルで当たり前だと思ってたけど、そういう選択肢もあったのですね。

でもって、♪Fiction → just feel
ダンサーさんだーも女性2名、男性2名、ラッパー1名、出てきて盛り上げてくれました。
1階席は初めからヨンハが近づいてきたら立ったり、また静かな曲になったら座ったり、落ち着かない感じだったのですが
いよいよこの曲で2階席も立ち上がりました(笑)
んやー盛り上がる盛り上がる。
静かな曲ばっかりの中でのダンスナンバーは、ここだっ!って感じでいいね~
ヨンハくんも踊ってました・・・
ワイドショウで見る限りは、うーーんビミョウ?と思っていたのですが(だって重そうなんだも)
なかなかなかなか。
かわいらしく踊ってました。
片手を後ろに付いて蹴り上げる技も出しちゃったりして、かっこいいぞ!イヤモニ落してましたけど(笑)
本人は今まで遊びでも踊ったことがないので、皆さんに奇妙な姿を見せるために練習しましたと言ってましたが
慣れてくればどんどんかっこ良くなるんじゃないかしらん。
っていうか踊りながらも歌えてたのがエライ!!

「ぼくのダンスはどうですか?」 →にほんごで
とりあえずダンスが上手くいって安心しました。みたいなMCの後
♪期別(日本語バージョン) → 初めて出会った日のように
しまった~~~~~
初めて出会った日のようには練習してませんでした・・・!
ヨンハくんが会場にマイクを向けていたのですが、一緒に歌えず。
うむむ、次までの課題だわ。メモメモ。
歌い終わって、ありがとうございます~ばいば~~~いと手を振ってました。
え、もう?と思って時間を見ると、もう1時間40分も経っててびっくり。
あっという間だったなぁ、、まだ1時間も経ってないような気がしてたんだけど。

アンコールの声に応えて、ヨンハくん再登場。
今度はグレーのVネックシャツに黒いジャケット、黒いゆるゆるパンツ、シルバーのクロスのネックレスでした。
出てくるなり恥ずかしそうに
「すみません、さっき『最後の曲です』と言い忘れました」って!
かーわいいなぁ、もう。
大丈夫だって。曲の最後にばいばーいって言ってれば分かるって。
最後まで、なんて微笑ましいコンサートなんだぁぁぁ~らぼりいすぎる。
アンコール曲は♪幸せの訪れ → カジマセヨ(日本語バージョン)
この曲ってアルバムでは作曲した方とデュエットだったけど、ヨンハくん一人でもまったく違和感なし。
良い曲だなぁ。
ドラマチックな声。
そしてかみしめるようにカジマセヨ。
♪行かないでどこにも~今キミなしでは、とても・・・という気分で。
最後にBANDのメンバーとコーラス、ダンサーさんだーを紹介して横一列に並び手を繋いでおじぎをして、おしまいでした。
BANDの方々もコーラスも全員韓国の方でした。
そらそうか?ヨンハくんとコミュニケーション取れなかったら困るもんね・・
ダンサーさんだーは男性1名、女性1名が日本名でした。
でもどっちなのか見た目じゃー分からないなぁ。
ばいば~いと手を振りながら立ち去って、、でもまたぴょこんとステージに出てくれて大きく手を振って、あんにょーん。

終わってからグッズ売り場へ。
もう表まで並んでて30分くらい待ったかなぁ?
パンフレット ¥2000
黒Tシャツ ¥3200 ←高っ
クリアファイル(2種類) ¥500×2
携帯ストラップ(黒と白) ¥1200×2
を買いました。
ええ、グッズ好きなもんで。

あぁぁぁぁ可愛かった。
堪能させていただきました。
あんなに愛に満ちた空間は久しぶりだ~~~
愛がぎゅっと詰まったコンサートでした。
by kozkozkozkozkoz | 2005-01-07 23:21 | パク・ヨンハ~*^^*