自分用思い出メモ。


by kozkozkozkozkoz

2005年 08月 03日 ( 1 )

体験してきました。きゃ☆
私が当ったのはTOKYO FMホール1部。
開演10分前に「今日は余裕だわ・・」と思いながら会場に着くと
「整理番号300番までの方、入場できまーす」の声が。
私の番号は121番。・・・あれれれ?
つーかなんで、座席指定があると思い込んでたんだー!?私。
整理番号なんだから、開場して早いもん順に決まってるじゃーん。
我ながらその思い込みっぷりにびっくりしました。あはあはあは。
でも開場時間前に行くなんて想像もしてなかったので、もう今更仕方あるまい・・・
つーことで中に入りました。
一人行動の気軽さで端っこを見てみると、意外と4列目とかが空いてるの。らっきい。
席も確保し、トイレにも行って準備万端。
と、私の前に座っていたお嬢さんが係員に
「これは何部ですか?」とおもむろに質問を。
係員「1部ですよ」
お嬢さん「私が当ったのは2部だったんですけど、入ってきちゃいました」
ざわつく係員達(笑)ちゃんとチェックしろって言ってあったのに!とか。
話し合いの結果、このまま1部を見てもいいし、ハガキを返して2部でもいいよということに。
せっかく良い位置なのに&言わなきゃ分からないのに
端っこだったのが気に入らないのか?やり方は分かったから次は最前狙っちゃる!という野望があったのか?
お嬢さん達は2部に入り直すことを選び、去って行かれました。
しかも縦に2人並びだったので、2列目と3列目が空きました・・・
うーん、ミラクル。
もちろん詰めさせて頂きましたわ。
つーことで2列目に昇進。端っこだけどね。
最前は端っこまで席を作ってないので、前にヒトがいない状態で足元まで見えました~
わ~い。
(ちなみに東方神起くんたちの足元はお揃いの白いダンスシューズでした)

まずは注意事項のアナウンスがあり
「それでは担当Sよりご挨拶です」とご紹介。
エイベックスの東方神起オフィシャルWebサイトには「担当Sの独り言」というコーナーがありまして。
そのご本人の登場でした。
初めてのはずなのに初めての気がしない(笑)あぁこのヒトなのか!・・ってヘンな感じ~
いつもお世話になってます、とか
東京は半分以上の方がハズレちゃってるんですよ~とか
東京以外の方はいらっしゃいますか~?どこですか?北海道、、それじゃ小樽の?
私が自分ではがきを出したので、だいたいの住所は覚えてますよ~(笑)とか
彼らはアカペラが大好きなんですよ~楽屋でもいつも歌ってます、とか
お話がありました。
そして、初来日から今までの映像をまとめたものがありますのでまずはそちらをご覧下さい~と言ったのですが・・・
映像が出てこない・・・
仕方がないので場を繋ぐためにファンからの質問コーナー♪
Q、今日は誰がイチバン早く起きましたか?
A、僕は東方神起と一緒に暮らしてる訳じゃないので分かりません!僕は実家から来ちゃいました。
Q、シアちゃんは元気?
A、えーと・・今から本人が出てくるので自分で確かめて下さい。
つーことで、何の答えにもなっとらん。うははは。
15分くらいかかってやっとバックアップディスクにて映像が動きだしました。

内容は、BARKSと音流の再編集版みたいな感じですが
初来日の空港での様子、CDやのインストアイベント、名刺交換会などなどのまとめ映像と
アカペラ体験会に対するメンバーの意気込みなどでした。
アカペラとは?
ミッキー「楽器だと思います、それぞれが音を出して合わせて音楽になるので」
チャンミン「東方神起の命です!」
ジェジュン「チームワークです」
などなど。
約15分の映像が終わっていよいよ東方神起くんたちの登場~~~

いつもの並びで出てきました。
ちゃんと衣装の白いスーツ。ひゃ~~~すてきんぐ。
TVで見るより髪色は落ち着いてる感じ。でもトーンは違うけど皆ちゃっこくて可愛い~
ぴかぴかのキラキラでした。やっぱりホンモノはオーラがあるなぁ。
S「さっきのVTR見てたと思うけど、あの時に比べてにほんごがすごく上手くなったよねー?」
ジェジュン「上手くなりました。私たちのスタッフが優しく教えてくれたおかげです。」
うんうんうなずくメンバー。誰も謙遜しないのかよ!(笑)
S「挨拶くらいしかできなかったもんね。今じゃこうやって話せるもんなぁ~(しみじみ)」

東方神起くんたちも椅子に座って、いよいよアカペラのはじまり~
1曲目はBOYZ Ⅱ MEN も歌っている(らしい?)♪in the still of the night
私の位置が下手側の端だったので、軽く半円になって座っているメンバーのうち
ジュンスとミッキーは後姿になってしまっていたのですが、ジェジュンから向こうはよく見えました。
もうね~~~チャンミンが可愛いの。
指を鳴らして一生懸命カウントを取って、ジュンスやミッキーに向かって笑顔で語りかけるように歌ってて。
たまに反対隣のユノのことも確認するのだー(笑)
真剣なチャンミンも、目が合うとあわてて微笑んであげるユノも可愛い。

間にちょっとおしゃべり。
ここでわたくし、2列目のくせにもうちょっとよくカオが見たくなってしまいまして。
おもむろに双眼鏡を取り出しました。
そーーっと覗いていると、双眼鏡越しにジェジュンとばちっ☆と目が合った~~~
さすが、どこにいてもカメラを見つける天才。
レンズに敏感なんでしょうな。
ステージに立ってるヒトの方が係員よりも盗撮を発見しやすいと言いますが、ジェジュンを撮るのはコワイな~~~
(いや、やりませんけどね。やったこともないですけどね。)
やばっと思って慌てて双眼鏡を下ろし、えへへと笑うと、ジェジュンもあははと笑ってくれました。
日本人こええよ~こんな距離でどこ見てんだか分かんないよ~~~と思われてしまったに違いない・・・
ごめんにょ、ジェジュン。

2曲目は持ち歌、♪Somebody To Love のアカペラバージョン。
CDにも入ってますが、踊らずに落ち着いて歌えば低い所もちゃんと出るんだよね。
5人の声が重なって、ぶわ~~~~っと広がった瞬間はぞくぞくしました。
うまいなぁっ。
ちゃんとミッキーの♪I say・・・ もあり、ユノのラップもあり。
かっこいい!

2曲で終わりです~と去ってしまう東方神起。
他の場所でのレポなどもまったく見ていなかったわたくしは、もう終わりか~と思って、ばいばぁいと手を振ると
ジェジュンが振り返してくれましたーん。
やた。お手振りげと☆

しかし巻き起こるアンコール。
は?アンコール?イベントで???と思いつつ一緒に手拍子していると、しずしずと戻ってくるメンバー。
なぁんだ予定調和かーい。最初から3曲用意してたのですね?
しっかし、全員が私だったらアンコールかからないわよ!危ないところだったわよ。
もったいぶらずにさっさと歌えばいいのにぃ。

アンコールは、またしても持ち歌♪whatever they say
椅子に座るなり
ジェジュン「アカペラを楽しんでいる東方神起です(笑)」
本人達も楽しんでくれているようで、良かった~
チャンミンは「僕はアカペラ体験会は最初から今日までずーっとすごく緊張してました・・」と言ってましたがー
もちろん踊ってくれるのは嬉しいんだけど、たまにはいいよね。座って大人しく見れるのも。
なにしろ鑑賞に堪えうるルックスですし!!!しみじみ歌が上手いのも分かるし。
本人達が一緒に歌うのを楽しんでいるので、それも嬉しいし。
ステキなイベントでございました。
ありがとう~そしてお疲れ様でした~~東方神起!!!
[PR]
by kozkozkozkozkoz | 2005-08-03 01:28 | 東方神起