人気ブログランキング |

自分用思い出メモ。


by kozkozkozkozkoz

2005年 12月 04日 ( 1 )

・陰の季節・ 横山秀夫

警察一家の要となる人事担当の二渡真治は、天下り先ポストに固執する大物OBの説得にあたる。
にべもなく撥ねつけられた二渡が周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた・・・

D県警シリーズ第1弾。
舞台は同じD県警なんだけど、それぞれ主役の違う4編の短編集です。
おもしろいじょ~~~
警察が舞台なんだけど、刑事事件の謎解きではなく人事担当の警務課や秘書課が主役です。
警察もフツウの会社と同じく陰で組織を支えてる人たちがいるのね~
そらいなきゃ回らないので当たり前なんだけど、普段意識したことがなかったので新鮮でした。
「警察に勤めてます=おまわりさん(制服の巡査)or 刑事(私服の巡査)」だと思っちゃうよなぁ。
ほいでフツウの会社以上にどろんどろんした出世と保身と欲の世界。
でも家に帰れば日常があるのよね。
おまわりさんたちも同じ人間なんだなぁ・・・

警察官同士が電話とかで話す時に符丁として警察署のことを「カイシャ」って呼ぶんですけどー
自分の会社のこと「カイシャ」って日常生活で使わないけどなぁ
ウチでは「事務所」もしくは「支社」って言ってるんだけど・・これはウチだけ?
「カイシャ」って方が一般的なのかしらん?
by kozkozkozkozkoz | 2005-12-04 03:08 | 本日の読書