人気ブログランキング |

自分用思い出メモ。


by kozkozkozkozkoz

2007年 03月 05日 ( 1 )

あの諸岡進也が、こともあろうに俺の糸ちゃんと朝帰りをやらかした! 
いつまでたっても帰らない2人が、あろうことかげっそりとした表情で、怪しげなホテルから出てきたのである!
――著者のデビュー長編『パーフェクト・ブルー』で登場したジャーマン・シェパードの老犬マサと蓮見探偵事務所の面々、それに好青年、諸岡進也……お馴染みの人たちが遭遇する5つの事件。
本書は、そこに登場する様々な人間たちの実像に真っ向から立ち向かおうとする彼らの活躍がマサの目を通して語られる、ほろ苦くも心優しい宮部ワールド。

「心とろかすような」
「てのひらの森の下で」
「白い騎士は歌う」
「マサ、留守番する」
「マサの弁明」
の短中編5編を収録。
うーん、うまいな。
全てひとくせもふたくせもある作品で、うーむそうきたか!と。
前作と同様シェパードのマサ目線で語られるのですが、犬のなでかたとかね、お散歩のスピードだとか、勉強になりました。
って実際犬が語ってる訳じゃないっていうのは分かってるんだけどさ。
なるほど。と思うほどリアルで。
それからラストの「マサの弁明」
えええーーーまさか!?とほんとに引っかかりましたが(笑)違うんだって。フィクションですってあとがきに。
by kozkozkozkozkoz | 2007-03-05 23:13 | 本日の読書