人気ブログランキング |

自分用思い出メモ。


by kozkozkozkozkoz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:韓国ドラマ~*( 84 )

真実

2000年、全16話。
チェ・ジウ、リュ・シウォン、パク・ソニョン
イ代議士のお抱え運転手の娘ジャイオン(チェ・ジウ)と財閥の息子ヒョヌ(リュ・シウォン)の恋愛物語。
ジャイオン一家が間借りさせてもらっているイ代議士の娘シニもヒョヌのことが好きなもんで、そらーもうジウちゃんはいぢめられまくります。
受験の替え玉をさせられたり(これは貧乏が悪い)、シニの陰謀で元彼にしつこく追いかけまわされたり、あげく彼を怒って殴ったヒョヌは留置所に入れられたり、誘拐されたり・・・・
ウチでは「むしろチェ・ジウが悪いんじゃないか・・・?」とまで言われるくらいのいぢめられっぷり(笑)
そしてさらにシウォンのお家がいいとこなもんで、また「家柄が違う」とか言われちゃうんだなぁ。
楽しい音楽がかかる、幸せな瞬間は16話通して3回くらいかな・・・すくなっ!

シウォンはかっこいいね~ウチでは愛を込めてブサイクちゃんと呼んでいるのですがー(おい)
背は高いしさー(180センチ)育ちも良いし(なんか有名なお家らしい、エリザベス女王も遊びに行ったそうな)スキーとかもサクサクできちゃうし、運転上手いし(A級ライセンス)、優しいし
(・・ってチェ・ジウが言ってた)。
さすが「永遠のプリンス」 ← キャッチコピー
んでシウォンは私と同い年で、チェ・ジウは年下(29歳)だってーのは分かってるんだけど
なーんか、チェ・ジウよりシウォンの方が年下な気がするのよね。なんでだろうね。
by kozkozkozkozkoz | 2004-12-03 23:40 | 韓国ドラマ~*

プロポーズ

b0036210_02135.jpg1997年の作品。全14話
キム・ヒソン、リュ・シウォン、ウォンビンなどなど。

クレイアニメーターを目指すユラ(キム・ヒソン)と映画監督を目指すスビン(リュ・シウォン)は幼なじみ。
ある日ユラの前に建築家のミンソクが現れて・・・
つーお話。
とりあえず主役のユラちゃんがちょ→べっぴんさん。
なんで韓国の女性は美人が多いんだかね?
しっかしすんごいメイクです。時代もあるんだろうけど、これがうわさのコリアンメイクかー!
寝起きだろうがキャンプだろうがアイラインくっきりでアイシャドウばっちり(しかも京劇の面ばりの赤や紫)
ラインで囲った口紅は黒いくらいの赤。
うーん、コワイ。けばけばしい。けど、似合う。
スタイルも良いんだなぁ、モデルさんみたーい。
シウォンは7年前だってーのに変わらないなぁ。
どこまでも優しい、人の良い、おぼっちゃん役です。
たまにキレて怒ったりするんだけど、それもかっこいいなーなんて思うのは役柄に恵まれてるんだよな。
見た目的にはでんでん好みじゃないのに、かっこよく思えてくるんだもの。
いつでもかわいそうなお友達ユンジュ役のコは夏の香りの先輩役の人でした。
そして、ユラの隣に越してくるナゾの少年がウォンビンなんだけどー
もうね~~~~可愛いの。当時ハタチ?ドラマデビューらしいですよ。
このドラマの演出をやったユン・ソクホさん(冬ソナの監督ね)が抜擢したんだってさー。
えらいぞ、ユン・ソクホ!!
いつも白か水色のゆるゆるシャツを着て、レトリバーを連れて散歩したり
詩を書いていたり(詩人なのだ)、窓からのぞいてたり。
あやしい感じなんだけど、特にあやしいことにもならず終わりました。
チョイ役でしたが、ありゃー人気出るわ~とびきり可愛いもの。

内容的には、韓国って未だに家柄とか片親とか気にすんのね、つーか階級差は絶対な
のね。
そして親の言う事も絶対なの。
あんな子と結婚しちゃダメって言われたら諦めるのよ~~うわー!
お母さんに意見しようと思ってもお父さんに止められたら飲み込むの。
信じられない・・
やっぱりお国柄ですな。
by kozkozkozkozkoz | 2004-11-18 23:11 | 韓国ドラマ~*

猟奇的な彼女

結構なヒットだったようですが、初めて見ました。
おもしろかった~~~~~
わはわは笑って、むねがきゅん☆とするステキなお話でした。
主役のチョン・ジヒョンはゲロ吐いても、殴っても、暴れても、可愛い。
足は細くてながーいし、ブサな表情が可愛いんだなぁ。
キョヌ役のチャ・テヒョンはぶさかわで優しくてハマリ役だわ~
「キョヌ」って名前の響きもぴったり。
あのねーまっさんに似てるんだよねー(笑)そんなところで親近感を感じたり。
細かいネタが結構笑えました。
お父さんの酔っ払いっぷりとか。同じネタを2度繰り返すとことか。
キュートな映画だー。
by kozkozkozkozkoz | 2004-11-03 01:10 | 韓国ドラマ~*

Ready Go!

見終わりました。
恋あり、サークルあり、勉強あり、学生運動あり、の大学生ものなのですがー
話がどうにも半端で、で、どうなったの??と思うところ多々なのは日本向けに短く編集されてるからなのかしらん?
最初はライバル的扱いだった女の子(ほらもう名前も覚えてない)はさっくり出てこなくなるし
お金がなくて学費も払えないユンソナも特に何の解決方法もなく、でもサークル旅行にも行けるようになってるし
あんだけひっぱって苦悩していた振られたウォンビンも彼女が留学したらあっさり諦めちゃうし
その振られた訳である所の「歌でいく」のもちっとも夢に向かって進まず、ふつうに大学生活してるし
つーかウォンビンかチャ・テヒョンかなんて悩む必要ないだろう、ユンソナ。
誰がどう見たってウォンビンだって!!!!!
(チャ・テヒョンファンのみなさん、ごめんなさい)
・・・と突っ込み所満載でしたが、それなりに楽しめました。
だってウォンビンが・・・・ステキなんですもの・・・・
なぁんてキレイなカオなんでしょう。
木村拓哉くんと木村一八くんを足して2で割って清潔にして品を足してキラキラパウダーを振り掛けたようなお顔立ち。
お顔も小さいしね。スタイルいいしね。さすが元モデル。
しかも悩める青年役だったもんで、憂い顔が多く
たまに笑ってくれると笑顔が見れただけでめっちゃくちゃ嬉しかったです。
あんなコがそばにいたら、笑ってもらうために何でもしちゃうね、あたしゃ。
たとえ同性でもがんばっちゃうね。
そんな笑顔でした。

ユンソナってドラマで主役張れるくらい人気があったのに、異国に来るって勇気あるよなぁ。
母国でイマイチだったから心機一転、海外進出ってーことなら分かるけど
ある程度の地位があったのに
どうなるかも分からない、コトバも分からない、外国へ飛び込んでくるってすごい勇気だと思う。
あらためて尊敬いたしました。
by kozkozkozkozkoz | 2004-10-28 19:47 | 韓国ドラマ~*